本文へ移動

笑顔を大切に

私たちはご利用される皆さまはもちろん、当施設とご家族の皆さまとの心と心のつながりも大切と考えています。同時にスタッフ一人ひとりの個性を大切に、スタッフ一同、常にいたわりの精神と業務への向上心を育み、日々業務にあたっています。

スタッフの声 デイサービス樫の木 生活相談員 岡崎さん

2010年4月入社
 
2人の子供を持つ母です。
デイサービス樫の木では生活相談員兼介護員として働いています。
介護士となって9年、生活相談員になって3年目。
生活相談員としてはまだまだ新米で分からないことが多く、上司に教えて頂きながら勉強の日々です!!
仕事内容について教えてください。
デイサービス樫の木はどんな職場ですか。

スタッフの声 ホームヘルパー 鏡さん

 
 
2014年4月入社 
 
祖父母が幼い頃に他界した為、ずっとお年寄りと接する事に憧れていました。
学生時代から介護の仕事に興味を持ち、介護職員初任者研修を受講し、2014年4月に新社会人として入職しました。
利用者様、ご家族様、巡り会えたご縁を大切にし、皆様が笑顔で過ごせる様、毎日頑張っていきたいと思います。
仕事内容について教えてください。
ヘルパーステーション樫の木はどんな職場ですか。
どんな時によろこびを感じますか。

スタッフの声 看護小規模多機能型居宅介護 介護員 推名さん

2014年6月入社
 
私がこちらにお世話になる以前は事務職として商社に勤務しておりました。
以前から福祉の分野に関心があったこともあり、資格を活かせる職場で働きたいという思いもあり前職とは一転、介護の職業を志願した次第です。
経験豊富な先輩スタッフの方々が多数おられる中、多大なるご指導により日々たくさんのことを学ばせて頂いております。
ご利用者様おひとりおひとりのご意向、ご期待に添えるよう努力しているところです。
 
仕事内容について教えてください。
看護小規模多機能型居宅介護事業所はどんな職場ですか?
どんな時に喜びを感じますか?

スタッフの声 居宅介護支援事業所 介護支援専門員 佐々木さん

猪突猛進に仕事に取り組む様子から『うり坊』という愛称で呼ばれています。
日々学びながら楽しんで仕事をしています。
 
2014年9月入社  

ケアマネージャーの資格を取得後、偶然にも樫の木の求人情報を発見し、ホームページに行きつきました。以前の職場での介護員としての仕事も大好きだったのでとても迷いましたが、これからはケアマネージャーとしての経験を積んでいきたい、樫の木なら楽しく働けそうだという思いから、思い切って転職を決意しました。

樫の木に入職して4年余りがたちましたが、それでも勉強することがたくさんあり、目からうろこの日々を送っています。

仕事でのやりがいを教えてください。
仕事をしていて楽しいと感じるのはどんな時ですか。

介護・快互の豆知識   【居宅介護支援事業所から】

RSS(別ウィンドウで開きます) 

事前登録で事故を防ぎませんか?

2014-09-30
 

NHKの番組をきっかけに、007年に東京で行方不明になった女性が今年の6月に群馬県の施設で見つかったというニュースがありました。大きく報道されましたのでご記憶されている方も多いかと思います。

認知症などの為に行方不明になる方の数は全国で1万人を超えるそうです。

長い時間、道に迷うことで、脱水や怪我等で命にかかわる危険があります

 

事前にその方の情報を登録することで早期発見や早期保護につなげるための取組です。

 ・徘徊などがあり、家族が気づかないうちに家から出てしまうことがある。

 ・最近、道に迷うことが多くなり、家に帰れなくなった。

など、ご心配のある方は、一度担当のケアマネジャーや包括支援センター、

市役所の長寿支援課などに相談されてみてはいかがでしょうか

 

 

空は高く、空気は澄んで、外歩きにはとても良い季節です。

  

 

 

ご心配のあるご家族は、ご本人の持ち物や衣類などにお名前を書いて下さいね

制度を利用したり、皆さんの少しの気づきで未然に防げることもあると思います。

 

 

散歩やジョギングなどをされている時に、キョロキョロと道に迷っていらっしゃるような不安げな方や上履きのまま歩いていらっしゃるお年寄りなどを見かけたら声を掛けてみてください。

山形市では、おかえり・見守り事前登録という制度が始まっています。

転倒は最大の敵!!

2014-08-18
 
お盆も過ぎ、だいぶ涼しく過ごしやすくなってきましたね。
 
今回は転倒に関する話。
 
高齢者の方は老化により骨と筋肉が衰えているため、ちょっとのことで転んだり、転んで骨折したりすることが多く、そのまま要介護の状態や、「寝たきり」につながる可能性があります。
また、「また転ぶのではないか」という不安や恐怖を感じて、日常生活の中で体を動かさなくなり、日常生活動作が普通にできなくなってしまう場合や、外出しなくなって「閉じこもり」になってしまう場合があります。
そして、家の中に閉じこもっていることで、さらに足腰の筋力が弱まり、ますます転びやすくなるという悪循環に陥るそうです。
転倒を防ぐためには
1、転倒しにくい体をつくること
2、床の状態や障害物などの自宅内の生活環境を整備すること
が大切です。
 
日頃から適度な運動や、住環境を見直してみましょう。
 
介護保険でもリハビリや予防体操の指導を実施しているデイサービスや訪問リハビリ、住宅改修等のサービスが利用できますので担当のケアマネージャーにご相談下さいね。
 

今年も暑い夏がやってきました。

2014-07-10

今年も暑い夏がやってきました。熱中症、脱水に注意が必要な時期です。熱中症、脱水は屋外だけで起こるとは限りません。特に高齢者は自宅に」いても熱中症、脱水になります。今回は脱水について、高齢者が脱水になる訳は

1、もともと体の水分量が少なくなっている。

2、のどの渇きを感じにくく、食欲が減退し水分摂取が減る

3、腎臓機能が低下し、水分や塩分の調整機能が低下している

4、持病によっては、脱水状態と区別がつきにくく水分補給を怠ってしまう

脱水の初期症状は

1、なんとなく元気がなくなる

2、微熱がでる。高齢者の平熱は低い人が多く、35度台という人もいます。そのため成人で平熱といわれている36度台でも微熱と考えたほうが良い場合があります。

3、皮膚が乾燥をする。次のような症状が現れます。腋下を触り皮膚の乾燥状態を見る。

手の甲を摘み上げ脱水を起こしているとハンカチを摘み上げたように離してもしばらく戻りません。

4、唾液分泌量が減少し、口渇を覚える。痰が絡んだり、咳を繰り返す等の症状もでます。脱水を防ぐには常日頃から水分補給をおっくうにならない環境作りが大切です。食事から取れる水分以外にも1日1,5L以上の水分補給をする必要があります。しかし、のどの渇きを訴えず、トイレの回数が増えるのを嫌がる高齢者は多いものです。そこで一工夫し、夏は温、冷の二種類の水分を朝に準備しましょう。一つは500ml程度が入る保温ポットを準備し、お茶や好みの飲み物を用意します。もう1本はペットボトルに水を準備、こちらは服薬用に使用します。スポーツドリンクは水で薄めたものならよいでしょう。あらかじめ、飲み物がそばの用意してあげれば、面倒がらずに飲んでくれることが期待でき、後で家族が飲んだ量が把握できます。後は継続していただくため「トイレに行きたくなるのは健康な証拠!」「こんなに水分を飲んだから脱水も防げて血液サラサラだね」と励ましの言葉をかけていただくことが大切です今年も水分補給をし脱水を防ぎ暑い夏をのりきりましょう。

 

        

保湿の話

2014-04-30
青葉の綺麗な、爽やかな季節になりました。
でも、晴れて気温が上がり、空気がカラカラになる乾燥の季節でもあります。
 私たちの皮膚は通常、皮脂腺から出る“皮質”が天然のクリームとなり、乾燥や刺激から肌を守ってくれますが、この皮質、歳と共に減少していきます。
よく、お年寄りが「体が痒い!」とボリボリしてしまい、皮膚を傷つけてしまったり、更に痒みが増す悪循環に陥るのはこのせい…
(かく言う私も最近はお肌のカサつきが酷く(-_-;) )
そんな時は、保湿系、無香料、低刺激のボディケアローションなどが有効です。
 
 又、お年寄りの多くはお口の中も乾燥しています。唾液が十分分泌されないなど原因は様々ですが、お口の乾燥は口の動きや感覚にも影響し、おしゃべりを楽しめなくなったり、食べ物が美味しく感じられなくなるなど日々の生活の喜びも半減↘↘  とても辛いことです。
今は、おからや梅干しなどを原料とした、飲み込んでも安心な口腔内保湿ジェルなども商品開発されています。お味もなかなかだそうですよ。
 
 カサカサしない適度な潤いはお口も体も、時には人間関係も良くするのかもしれませんね。
 
さて、私もローション、パックでうるおい、うるおい (^_-)

ゴミ出しに困ってませんか?

2014-03-26
お一人暮らしの方、ゴミ出しの時、
「集積所まで遠くて、ゴミは重いし運べなくて困ったなー」とか
「分けるのはできるけど、どのゴミを何曜日に出すのか、混乱してしまう」
なんてことはありませんか?
 
山形市では、お一人暮らしの方のゴミ出し支援事業を行っています。
玄関先でゴミを収集したり、分別した、種類の違うゴミを同じ日に一度に持って行ってくれるなどの
支援があります。
 
対象となる方は要介護、又は要支援の認定を受け、ヘルパーのサービスを受けているなど、一定の条件があり、利用するには市役所の申し込みが必要になります。
詳しくは担当のケアマネージャーなどにご相談ください。
TOPへ戻る