本文へ移動

スタッフブログ

ここでは、施設の出来事やスタッフ自身の暮らしの中からなど、いろんなことについて書いていきます。頑張って更新していきますので、たまに覗いてくださいね。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

焼き芋をする男参上!!!!!!

2013-11-29
どうも僕です。秋ということで、焼き芋をしました。
 
焼き芋をするのは人生初!!
 
作り方がわからないのでとりあえず網の上にのせることに………いっこうに出来る気配がない
 
しばらくするとさつまいもは網の上からコロコロと転がり炭の中へ
 
とりあえずブログの為に形だけでも焼き芋を作ろうと思いそのまま放置していると、すっかり夜になりさつまいもと炭の区別がつかなくなりました……。
 
やっとの思いでさつまいもを発見し中を見てみると、なんと焼き芋になってるー!笑
 
半分生だったけど無事焼き芋が出来てよかったー!
 
デイサービススタッフ さつまいもよりジャガイモが好きな男
 
 

あるぱか

2013-11-28
11月の秋晴れの日、東北サファリパークに行ってきました。
 
仲間に? 会いに!
 
バスに乗り、草食動物におやつをあげました。弱肉強食を真のあたりに見ました。やぎが寄ってこようとすると、ポニーが後ろ足で蹴散らし、横取り。象は象で鼻息で追い立て、横取り。
 
あーあ、どこの世界もたいへんです!!
 
訪看スタッフ

樫の木社員旅行(第3班)

2013-11-08
社員旅行最終斑 d=(^○^)=b
朝7時出発、寒いケド天気が良い
車内は9人乗り4人乗車でかなりゆったりしています。
前のグループはきつかった?らしい
 
最初の目的地は、厳美渓 かっこうだんご
平日なので「シーン」 お土産店は、まだ開いてなさそう
かっこうだんご やってるのか?
かごに料金を入れて・・・カーンカーン
あっ!やってる よかった
だんご2箱にお茶が・・・8杯? → 周りにいた他の方の分も届いたみたい
だんご1本に、お茶2杯を頂きました。
 
次は・・・中尊寺金色堂
さっきとは違って、いくつかのバスツアーがいる。
菊で飾られた三重の塔
参道の紅葉したもみじがきれい
下り坂の傾斜がきつい!!!・・・走ったら止まれない(たぶん)
 
お昼は気仙沼・お魚市場
何食べよう???海鮮丼の海鮮抜き?とみんなに言われ(///▽///)
そばと天丼にして、海老天は食べてもらった。美味しかった
 
松島へ行く途中 震災の爪痕が 残骸が ((T_T))
津波の来たであろう所が今だにわかる
プレハブが立ち並び痛々しさがつらい
「何かで頑張っているから観光に来てほしい」と訴えていた事を思い出した。
 
松島で、ちょっとお土産を見て・・・
夕暮れのオレンジ色に染まっていく空がきれい
あとは帰るだけ・・・暗くなってきた
18時に樫の木到着  お疲れ様 樫の木弾丸ツアー終了
 
(有料老人ホームスタッフ H) 
 

樫の木社員旅行・・・第2班

2013-11-05
行って来ました社員旅行!!
11/29(火)晴れ。コースは第1班と同様、厳美渓→中尊寺→気仙沼→松島の驚愕プラン。
 
第1班から、その内容の濃さを聞いていたので覚悟しながらの参加。
 
出発早々「酒がないねえ」の声。早速コンビニに立ち寄り「元気の源」を購入。車内に戻るや、前方から日本酒のキャップを開ける音が・・・隣からも「プシュッ」とビールを開ける心地よい音♪
 
「自分も乗り遅れないようにしなければ・・・」と頂いたグミを頬張り気持ちを高める。
 
なんやかんやで、朝の9時頃には最初の目的地「厳美渓」に到着。有名な団子(川の対岸からカゴでスルスルと来るアレ)をみんなで満喫し、さあ次行ってみよう!!
 
その後は足早に中尊寺観光し、気仙沼でお昼。
 
人間、お腹がいっぱいになると眠くなるのは自然の摂理と言いますか・・・松島に向かう車中では、朝の元気はどこへやら・・・ひとつふたつと寝息の数が増えていき・・ZZZ
 
途中立ち寄った休憩所で、運転手さんの「この先どうします?」の問いかけに全員一致で「松島はスルーで帰りましょう!」と息の合った答え。運転手さん困惑顔。
 
いろいろありましたが、車中では普段は聞けない同僚の「恋バナ」なんかも聞けて不思議と距離が近くなったような、そんな気持ちにさせてくれた旅行になりました。
 
みんな、楽しい時間をありがとう!!
 
                               デイサービススタッフ S
 
 

芸術の秋

2013-10-30
 秋といえば、みなさんは何を思い浮かべますか。
食欲の秋 読書の秋 スポーツの秋 …などありますが、
私は”芸術の秋”をオススメしたいと思います。
  
 先日、ピアノと歌の発表会を聴きに行って来ました。
ピアノでは、中学生の男の子が、フジコ・ヘミングの十八番で知られる
 リストの♪ラ・カンパネラ♪に挑戦し、70代の男性は、ドイツ語とイタリア語の歌を歌っていました。
私も今から何か新しいことに挑戦してみたい!と思って帰って来たところです。
 
 声楽家は、40歳前後にようやく身体的にも精神的にも脂がのる時期になると言われています。
70代や80代になっても、舞台で堂々と歌われる方も、たくさんいらっしゃいます。 
 
 デイサービスでも、利用者様たちと、歌謡曲を歌ったり、レクリエーションの時間に音楽を取り入れるなど、生活に音楽が自然と溶け込んでいます。
 
     みなさんも、好きな曲を見つけて、歌ってみませんか。
 
 
                   ( デイサービス スタッフ I )
TOPへ戻る